保湿クリームランキング

保湿クリームランキング【今一番選ばれているセラミドとは?】

保湿クリーム「乾燥肌に効いた」ランキング

あなたは保湿クリーム選びをどんな基準で決めていますか?
もちろん、人によって肌の質が違うので、この方法が絶対的というようなことはないと思います。
ただ、保湿クリームというからには、お肌に潤いを与えてくれてしっとり感のあるものが私たちのニーズということですよね。
要するに保湿クリームに求める効果は、第一が保湿力ということになります。

 

では、私たちのお肌の保湿力をアップするには、どんな成分が効果的なのかを知ることが必用ですよね。
でなければ、本当に保湿効果がある保湿クリームを選ぶことはできませんから。

 

先に結論から書きますと、保湿効果を得るためにはセラミドとヒアルロン酸が有効だといわれています。
それぞれがどんなものか簡単に説明しますので、保湿クリーム選びの基礎知識として覚えておいくださいね。

 

 

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類という細胞同士をつなげて、体の機能をスムーズにするための成分です。
また、ムコ多糖類は、タンパク質と結合することで、細胞の隙間を埋める働きもします。
つまり、肌の保湿や柔軟性を保持する役割をしているのです。

ヒアルロン酸は、人の皮膚の50%に存在しており、水分を蓄えておく力が強いと言われています。
ムコ多糖類が減ると、体のあちこちに痛みを感じたり、肌にハリがなくなったりといった、老化現象が進んでしまいます。

 

もし、肌に潤いがなくなった気がする、肌が乾燥したり荒れたりしている、膝などの関節が痛む、目が乾燥する、といったことが気になるのなら、ヒアルロン酸が不足している可能性があります。
ヒアルロン酸が不足すると、肌は水分不足となり、乾燥してしまいがちです。
また、関節や目にトラブルを引き起こすこともあります。
さらにこれらは、体を老化させる原因となります。

 

健康食品として、ヒアルロン酸が注目を浴びるようになったのは、食用ヒアルロン酸を投与した女性のほとんどが、手足や顔の肌荒れが改善した、ハリや潤いが現れた、という実験結果からです。
機械による保湿試験においても、水分を保持する機能の上昇が確認でき、生理痛の緩和、肩こりや腰痛、関節痛などの改善もみられました。

 

補給されたヒアロルン酸は、そのまま細胞組織にならずに、消化吸収され体内の代謝によって再び合成されます。
そのため、よりヒアロルン酸を吸収しやすくするには、サプリメントによって摂取するのがおすすめです。
サプリメントは、低分子加工されているので、効果的に吸収できます。
少量のサプリメントを、毎日続けて摂取することが大切です。

 

次にセラミドですが、セラミドの効能としては肌のうるおいといった保湿機能の改善や、肌から水分が蒸発するのを防止したり、外部からの刺激や細菌の進入を防ぐ働きがあります。これは、セラミドが角質層においてバリアとして機能していることを意味しています。それによりセラミドは、ドライスキン(乾燥肌)などの肌トラブルを防ぎ、みずみずしいうるおいのある健康な肌を保ちます。また、セラミドの美肌効果としてメラニンの合成を抑えシミ、シワを防ぐといわれており、肌の健康ときれいな美肌を作るには重要な役割を果たすことが報告されています。

 

このように、セラミドとヒアルロン酸というふたつの成分はお肌の保湿という点でとても重要な成分と言えます。
ただ一般的にはヒアルロン酸はサプリなどに多く使われており、保湿クリームのように直接お肌に塗るタイプのものにはセラミドが有効といえるでしょう。そういう意味で保湿クリームに配合される成分としてはセラミドがおすすめと言えますね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ